こんな白髪染め使っていませんか?

使用後、髪がパサつく…。頭皮に赤みや腫れ、かゆみがでた…。アレルギーが出てしまった…。
効果が強力な白髪染めはその分、髪と頭皮にダメージを与えてしまいます。

市販の白髪染めの多くに含まれる成分

ジアミン【化学染料】
カラー剤には不可欠な成分とされている。
アレルギーを起こす可能性がある。
使用禁止されている国もある。

PPDAとも呼ばれるこの物質は化学染料でヘアカラーでは特に大きな役割を果たしています。
特に2剤タイプのしっかり染まるカラー剤によく使われています
しかしジアミンはアレルギーを起こす危険性があることでも知られています。突然アレルギー症状が出るなどの報告もあり、中にはアナフィラキシーショックなどの重篤なアレルギーが起こることもあるとされています。そこで最近ではジアミンフリーの白髪染めも販売されており、ヨーロッパの一部の国では、不使用成分になっています。

※メーカー調べ

パラベン【防腐剤】
安価なためほとんどの化粧品やヘアケア剤に使用されている
アレルギーを起こす可能性がある。

パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されています。安価なことや大量生産が可能なことからほとんどの化粧品やヘアケア剤などに使用されています。

しかし体質や肌状態によっては突然アレルギー症状が起こることがあります。
あまりによく見かけるために無防備になりがちな成分ですが、肌への影響が大きいことも分かっており、配合率に制限がある成分です。

※メーカー調べ

たった一度で染まるのはその効果と引き換えにそれだけ髪と頭皮に『負担』になっています。

髪と頭皮にダメージが気になるそんなあなたに「国産黒大豆トリートメント」をオススメします!!

国産黒大豆トリートメントとは?